任意整理費用の相場|弁護士に相談すると費用はどれぐらい?

借金の取引を開始したときまで遡って過剰金利分を引き下げる『任意整理』

過払い金が無かったとしても将来利息のカットが見込めるので、最近借金を抱えてしまった方にも有効なのが特徴ですよね。

 

そんな任意整理ですが、個人で行うのは難しいため弁護士へ依頼することになります。

ここでは弁護士へ依頼する際の費用について説明していきます。

なお、司法書士への依頼については弁護士と比べてさまざまな制限が付いているので当サイトでは推奨していません。

>>任意整理に強い弁護士事務所を見る

任意整理を弁護士に依頼した際にかかる費用の相場

着手金0~5万円(1社あたり)
報酬金0~5万円(1社あたり)
減額報酬10%
過払い金報酬20%
過払い金報酬(訴訟)25%
諸費用0~10000円

あくまで相場ですが、おおむね表のような料金形態になっている弁護士事務所が多いです。

また、着手金と報酬金に関してはだいたい1社あたり2万円に設定されていることが一般的です。

着手金は弁護士が自由に決められる

着手金以外の項目に関しては上限が定められていますが、着手金に関しては弁護士が自由に決定することができます。

ほとんど無いですが、常識外れの高額着手金を取る事務所も存在しているため事前の相談で料金確認は必ず行いましょう。

司法書士への依頼がおすすめできない理由

弁護士と司法書士。どちらも任意整理を依頼することは可能です。

しかし、対応できる範囲に違いがあるので説明します。

140万円以下の案件にしか関与できない

弁護士の場合借金が何円でも関係なく対応することができますが

司法書士の場合1社辺りの金額が140万円を超える場合関与することができません。

例えば

A社150万円、B社10万円=弁護士○、司法書士×

A社80万円、B社80万円=弁護士○、司法書士○

裁判に発展した場合対応できない

もし金融会社側から一括返済などを求めて訴えられてしまったときに

司法書士だと裁判に同席することができません。

また、この訴訟を放置してしまうと一方的に相手の訴えが通るので一括返済に応じなければいけなくなってしまいます。

任意整理を依頼するおすすめ弁護士事務所

料金が相場以下で、後払い・分割払いにも応じてくれる弁護士事務所の紹介です。

東京ロータス法律事務所

着手金20000円(1社あたり)
報酬金20000円(1社あたり)
減額報酬10%
過払い報酬(訴訟の場合)20%(25%)
諸費用5000円
  • 相談無料
  • 全国出張可能
  • 夜間・休日電話対応OK

弁護士歴40年以上のベテランが2名と若手弁護士1名在籍の事務所です。

名村法律事務所

着手金20000円(1社あたり)
報酬金20000円(1社あたり)
減額報酬10%
過払い報酬(訴訟上)20%(25%)
諸費用5000円(1社あたり)
  • 相談無料
  • 全国出張可能
  • 電話対応:9時~18時、メール対応24時間OK

借金問題に強い弁護士歴25年以上のベテラン1名